スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ビール酵母+亜鉛は知られざるお役立ち品

東莞旅行必携のお役立ちグッズ&カード
01 /20 2016
駐在さんはともかくとして、一年に何回かしか現地に行けない旅行者が困ることが一つあります。

20代の元気溢れる若者は別として、30代40代それ以上になってくると、例えばサウナに行って120分一本でも二本でも勝負を行った後は、弾薬不足で再訪する気が無くなってしまうことです。

現地滞在時間が限られている旅行者は、滞在中の短期間になるべくKTVやサウナに行って有効に時間を使いたいもの。

悲しいかなそれができんのですよ。 1日目、2日目は問題なくても3日目になるとその気なし。 するとマッサージに行くか、ホテルの部屋で青島ビールを飲みながらTVやDVDを見るしかやることがなくなってしまう。

勿論、モバイルPC等持ちこんで見ていればいいですが、何も日本でできることを貴重な時間内にすることもありません。

ではどうするか? 管理人は旅行の1~2週間前からエビオス錠ビール酵母+亜鉛を飲んで備えます。

特に現地へ行ってサウナを出た直後から多めに飲むと、弾薬の補給ができるのです。 嘘だと思ったら試してみてください。 飲むのと飲まないのとではやる気も全然違いますし、それに3日目ならちびっととなる筈が結構な量が出てくるのでその感覚がまるで違います。

右にリンクを貼り付けてありますので、各自近所のドラッグストアなどで値段を確かめて買ってみてください。 まず間違いなくドラッグストアより安く買えると思います。

管理人が自ら実行していることですから嘘は言いません。 激戦の2~3日後の弾薬の量と戦闘意欲がまるで違います。

ちなみにビール酵母エビオス錠より亜鉛の成分が多いです。 エビオス錠の一番お買い得を買うとその量の多さに仰天しますよ。 家族で使う場合は良いでしょう(笑)。

それにこんなものもドラッグストアより安く買えますよ。

ここまで余計なお節介を書く必要あるのか?とも思いましたが一応書いときます。
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

デルタマイルを使って大韓航空で香港へ行く

東莞旅行必携のお役立ちグッズ&カード
09 /30 2013
東莞旅行だけでなく、バンコク旅行、マニラ旅行する読者さんにも役に立つ情報が、管理人の別ブログ『海外発券航空券で格安旅行!』に書いてます。

如何にに非常の生活から、マイレージを上手に貯めそして使うかを書いてますので、そちらも時々は読んでください。

東莞旅行でも、デルタ航空は非常に使い勝手のあるチケットになりますから、これも上手に使って香港までのチケットを確保しましょう。

デルタ航空については、管理人の過去記事や上記のブログを読んでください。

さて、管理人は1年間で60,000マイルもスカイマイルを貯めましたが、これを早めに使わなければなりません。

なぜなら、デルタは過去に何度も突然予告も無しにマイルレージプログラムの改悪を行ってきたという前科があるからです。

つまり、早めに使っていかないと、例えば今まで12,500mileで行けた北アジアの国々へ15,000mile必要になる!というような位ならまだ序の口。

デルタマイルの傾向としては全体的にインフレ気味なので、早く予約をして使っていかないと実質減価していきます。

ということで、管理人も早速スカイマイル(以降、デルタマイル)を使うべくいろいろと探求してみました。

管理人が一番多く使う、成田⇔香港線は最低必要マイルは片道12,500mileです。

今回はいつも成田ばかりでは地方の読者さんにとってはあまり意味がないぞと思い、地方空港出発で研究しました。

福岡空港発でデルタマイルをどう使うか?の研究です。

デルタ航空は、香港路線では成田⇔香港線以外は現在全て廃止してしまいました。

しかし、こんなことくらいで管理人は諦めません。

デルタマイルを使って地方空港(今回は福岡)からなんとか香港までのルートを探求しましたので、その結果を発表します。

福岡⇔香港路線は3種類の選択肢があります。

それは、大韓航空・中国東方航空・中華航空の3つです。

まず、デルタマイルの最大の利点、燃油サーチャージがかからないという長所をなんとか殺さずに香港まで辿り着くのは、大韓航空しかありませんでした。

ソウル・インチョン空港経由での往復には燃油サーチャージが掛かりません。

他には税金関係で2013年9月現在では51$必要なだけです。

しかし、後の2つはそれぞれ燃油サーチャージが13,000円、15,000円必要になります。

他に空港使用税等がプラス20~30$必要です。

そしてここが注意が必要なところですが、ウェブサイトから予約しようとすると、ルートなしと表示されてマイルを使えるフライトが無いように思ってしまいます。

しかし、これが落とし穴。

地方空港発のフライトは電話でしか確保でいないものが数多く存在します。

ちなみに、福岡⇔香港路線はデルタのHPからは一切予約ができませんでしたが、電話ではできました。

しかし、電話で予約すると発券手数料として日本円で2,000円(税込)が必要になりますが、提携航空会社の便をデルタマイルで確保できるのです。

当然、全て乗り継ぎ便になりますから、大韓航空ではソウル、中国東方航空では上海、中華航空では台北でストップオーバー(途中降機)が可能ですから、ついでの観光には却って良いかもしれません。

また今回の研究で分かったのですが、電話予約でしか他のエアラインをマイルで確保できませんでしたが、その替わり出発24時間前までは無料で日程の変更ができるとのことです。

一方、もしウェブサイトでマイル航空券を発券してしまえば、変更手数料として150$が別途必要になってしまうそうです。

これは悪いことばかりではなく、電話予約でのメリットも有るという訳です。

地方在住の方も根気よく調べれば、デルタマイルも結構使えるということです。

連絡先はデルタ航空HPの右下のヘルプをクリックすると表示されます。

ちなみに日本での連絡先は下記のとおりですので、スカイマイルカードを用意して電話しましょう。 ちゃんと日本人が対応してくれます。

日本国内(ナビダイヤル):0570-077733
IP、PHS、海外から:81-476-31-8000
毎日 9am - 8pm
月 - 金 9am - 6pm 、土/日 9am - 5pm

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

東莞旅行者必携のクレジットカード

東莞旅行必携のお役立ちグッズ&カード
08 /29 2013
東莞旅行をする人が、サウナを利用した時は、支払いにはクレジットカードを使えます。

しかし、カード払いはあくまで房間(部屋)代だけにしときましょう。

どうしても全てカードで払うには?若しくは現金が底を尽いたけど、まだ遊びたいんだ!という旅行者さんは参考にしてください。

基本的には、香港の重慶マンション(過去記事参照)で人民元両替をするのが、キャッシングよりもはるかにお得なのですが(キャッシングについても過去記事参照。 なんとATMから偽札が出てきます!)、基本的には全て現金払いが喜ばれます。

しかし...ホテルに泊まる時に押金(ヤージン)と言ってデポジットを要求されますが、預けた金がそのままで戻ってくる訳ではありません。 他人の人民元といっしょくたになったレジから戻されますから、管理人も押金(ヤージン)が戻って来る時は、いつも念入りに偽札かどうか確認してます。

一端、フロントから離れてしまったら、もうおしまいですので、気を付けてください。

そこで、管理人は信頼できるホテルでは、クレジットカードで押金(ヤージン)を払います。 これなら、現金で偽札かどうか心配しなくても済みます。

但し、クレジットカードの押金(ヤージン)は、ちゃんと署名のある控えを全て確認してから破いて破棄してください。

澳門(マカオ)の現地情報』でも書きましたが、マカオではカード使用のメリットが非常に大きいのですが、東莞ではケースバイケースです。

マカオでは、多額の現金を持ち歩かなくて良い、偽札を心配する必要はないと、管理人にとってはクレジットカードを使わないなんてあり得ない(まあ、妻帯者は使えない人がいるかもしれませんね・・・。 そんな人は残念ながら諦めましょう(*T_T*)ですが、東莞ではカード決済の人民元為替手数料が結構高い。

感覚的に言うと、頑固親父両替店で1万円が630RMBの時に、カード決済では615RMBくらいになってます。

1万円で230円位ですから、高還元クレジットカードならあまり気にする必要はないでしょう。

でもこれが複数万円分になると結構でかいです。

ですから、東莞に入る前に香港市内経由で入るか、頑固親父両替店でなるべく両替して使いましょう。

しかし、それでも帰国直前や現金を掏られた!落とした!ということもあり得るでしょう。

そんな時の為にも、クレジットカードは何枚かは必ず持って行って下さい。

管理人の別ブログ『海外発券航空券で格安旅行!』でも解説して在りますが、数々の雑誌の高還元クレジットカードでNo1になってきた、漢方スタイルクラブカードREX Cardの少なくともどちらかは持っていきましょう。 

このカードは年会費が1500円ちょっとにも拘わらず、海外旅行保険がゴールドカード並の保証付で長い間、最強のクレジットカードと呼ばれてきたものです。

当初はJCBだけでしたが、今はVISAも選べます。

お得なのはわかるが、名前が「漢方」なんて抹香くさくてなんか嫌だという方には、還元率及び内容がほぼ同じREX Cardをお薦めします。

REX Cardは、VISAしか選べません。

他にも色々とお得なカードがありますが、後は年会費無料のカードとかで十分です。 詳しくは管理人の別ブログ『海外発券航空券で格安旅行!』をご覧ください。

まあ、VISAかMASTERは使えなくて、JCBだけが使えるという経験は皆無ですからVISAであれば、全く問題はないでしょうが。

これまでの管理人の経験でカード全額払い可なのは、匯美酒店(Huimei Hotel)サウナ天鹅湖酒店サウナ(Swan Lake Hotel Sauna)、美怡登酒店サウナ、樟木頭の新都会酒店(Metropolitan Hotel)サウナ....等です。

JCBが確実に使えて嫌な顔をされないのが、匯美酒店(Huimei Hotel)サウナ、新都会酒店(Metropolitan Hotel)サウナ、それと美怡登酒店サウナでした。 これはスタッフ及び女性服務員に何度か尋ねてデータを取りましたので、間違いないです。

恐らく、前者2つは教育が良いか、支払いが早いのでしょう。

他は、部屋代は何も問題ありませんが、小費は渋々といった感じですから現金の方が後味も良いでしょう。

他には美怡登酒店サウナもJCBがOKでした。

匯華や欧亜もOKだった筈ですが、記憶があやふやです。

お断りしておきますが、管理人は本当にお金が足りなくなった時に全額カード決済の経験はありますが、できるだけ現金で決済してます。

一応、聞くだけ聞いて確認しただけですから、誤解のないように(笑)。

しかし、帰国直前でお金が乏しい時に、気を使わなくて済む、匯美酒店(Huimei Hotel)サウナ新都会酒店(Metropolitan Hotel)サウナには、全額カード決済でお世話に何度かなりました....。 ゴメン。

匯華国際飯店(Huihua Hotel)サウナはこれが意外に、部屋代だけでも良い顔はしません。

この辺が実に面白いところです。

まあ、建前上各ホテルは自分でサウナを経営しているのではなく、別人が経営している形にしてますからね。

なんにせよ、現金を掏られた!落とした!という時の為にも、上記紹介したようなカード(この2つは最強です! 他のカードについては、別ブログを参照してください)を作っておきましょう。

それと、万一の時の為にも、全額カード決済で嫌な顔されないサウナ情報も頭の片隅にでも入れておいては?

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

人民元のクレジットカード決済

東莞旅行必携のお役立ちグッズ&カード
03 /25 2013
これまで、「偽札に注意!」を始め過去記事で円から人民元の両替について書いてきました。

そこで、人民元のクレジットカード決済について少し書いておこうと思います。

実は、現地でホテルや食事でクレジットカードを使うのは、かなり損をする行為です。

人民元のクレジットカード決済は、1万円で650RMBだとしたら、およそ610RMBくらいで決済されている感覚です。

香港で638RMB、頑固親父で630RMBくらい。

現在円安になっていますので、結構きつい為替レートです。

余程、高ポイントカードでないと相当損をする感覚になってしまう。

別ブログで詳しく書いていますが、管理人が現在最強クレジットカードと思っている漢方カードを使っての高還元で少しは元が取れたかな?という感覚です。

しかし、東莞にまだ慣れない人は、それでもクレジットカードを使ってホテル代を払った方が良いです。

なぜなら偽札が平気で蔓延っていますので、外国人と分かるとすぐに偽札を渡してきます。

例えば630RMBで両替したとしても、100元札たった1枚の偽札で吹き飛んでしまいます。

ですからもう大丈夫だとなるまでは、ホテル代等の高額で金が飛んでいくような支払いには、クレジットカードの使用をお薦めします。 さすがにサウナでは止めてください。 せめて部屋代だけにしましょう。

実は管理人が、天鹅湖酒店(Swan Lake Hotel)帆船酒店(The Clipper Hotel)を評価する理由の一つに、人民元建てでなく米ドル建てで決済ができることがあります。

リンク先は世界中のホテルを予約できますので、基本米ドル決済です。 決済直前画面で日本円で総額幾ら払うか確認できる訳です。

勿論、ホテルによって得するか損するかは総額を検証してみないとわかりませんが。

しかし、人民元カード決済や両替にぼったくりの多額のスプレッドを払わなくて良いわけです。

読者の皆さんも一度自分自身で検証してみれば良いでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

東莞旅行参考書その他

東莞旅行必携のお役立ちグッズ&カード
01 /14 2013
管理人のブログでも東莞旅行者することは十分可能だと思いますが、何かトラブルに見舞われたときとか、交通手段を探すとき等で右のリンクにもありますが、「地球の歩き方 香港」や「地球の歩き方 広州・アモイ・桂林」くらいは購入して現地に持って行って下さい。

特に急病になった時に、誰も頼る人がいなければ自力で対処するしかありません。

管理人も現地の料理店では良く当たりますし、現地で購入する中国の薬なんて怖くて飲めませんから。

備えるのに越したことはありません。


にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「現地情報」管理者

2006年頃から中国の東莞を訪れる機会があり、現地情報を役立ててもらえればという思いで、このブログを始めました。 リンクフリーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。