スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

匯華国際飯店サウナ(Huihua Hotel Sauna)

・管理人の東莞旅行記
07 /31 2013
龍馬を出た後で、匯華国際飯店桑拿(Huihua Hotel Sauna)までキョロキョロしながら歩きます。

なにせ初めてだから、全て目に入るものが新鮮です。 やたらとクラクションを鳴らす車、運転の仕方も手荒なので、道路を横断する時によくよく注意しないと、轢かれる!とすぐに理解しました。

テクテク歩きながら、2ちゃんの常平記事を思い出します。 当時は情報源は2ちゃんねるくらいしかなく、「大」さんが強く推薦(そう思えた)していた天天サウナの次くらいに名前が良く出ていた、匯華国際飯店サウナです。 

当時、管理人のブログを見つけていれば、間違いなくスワンレイク・サウナに真っ先に飛び込んでいたでしょう(*⌒∇⌒*)テヘ♪

まあ、当時はほとんど情報がなかったが故に、ずいぶんとボッタくられたり無駄金を使ってきたのたがほろ苦い思い出です。


匯華国際飯店(ちょうど当時と同じくらいの時間帯です)

ホテルに到着するとロビーが豪華なのに驚きます。


匯華国際飯店ロビー

「こりゃ高そうだなあ...」

参考までに宿泊費を聞くと、平日338RMB。

匯美酒店が268RMBでしたから、これでも高く感じましたが、日本の感覚では2-3万円は取られそうなホテルです。

「これじゃサウナも高いんでないかい...?!」

フロントでサウナを聞くのは恥ずかしかったので、そのまま歩いて左奥にあるEVHまで向います。

EVの案内板を見つけ、上へ昇って行くとドアが開いた瞬間に目の前に黒服の服務員が居ました。

「サウナ?」

「対」

最初は予約すると安くなるとか全く気にも留めてませんでしたのでそのまま男の後を歩いて行くと、途中廊下でシースルーの漂亮がゾロゾロ歩いてくるではないか!

「おおおっ!」


↓場所を確認してください
オリジナルHP↓
匯華国際飯店(Huihua Hotel)
HIS↓
匯華国際飯店(Huihua Hotel)
住所:東莞市常平镇常平大道2号
電話番号:+86(769)8393 8888
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

日本料理「龍馬」

・管理人の東莞旅行記
07 /28 2013
今はもう無くなってしまった日本料理「龍馬」が匯美酒店から徒歩3分の距離に在りました

匯美酒店のスタッフに近くで日本食はどこが美味しいか聞いたら、この「龍馬」を勧められたからです。

清水・夢-1

この時、店のスタッフは残念ながら、可愛い子は居ませんでしたね~無くなるまでずっと・・・生ビール飲み放題とツマミを頼み、祝!初常平!と結構飲み喰いしました。

会計約2,400円也。

既に夜の7時を過ぎている....

さ~てどこのサウナに行くか!ともうモチベーションは、もう最高潮!

そのまま匯華国際飯店(Huihua Hotel)のサウナに行きことに決定!

2ちゃんで有名だった天天サウナは明日の楽しみにとっておいて、総合的に評価が悪くなかった匯華国際飯店に行かねば!

わくわくしながら匯華国際飯店まで歩きます。


匯美酒店から匯華国際飯店までの道のり

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

初めて泊まったのは、匯美酒店

・管理人の東莞旅行記
07 /25 2013
もう無くなってしまってますが、バスターミナルがあった直ぐそばの匯美酒店にそのまま向いました。

フロントで部屋はあるか?と英語で訊ねるも「ティンブドン」でさっぱり理解してくれません。



中国では英語がカタコトでも通じない!と再認識した瞬間でした。

それでもなんとか、中国語を使って「部屋は有るか?」と聞くと「有」と言うので、匯美酒店に2泊することにしました。

この時は、一泊268RMBでした。

今では大幅に値上がりして泊まることもほとんど無くなった匯美酒店ですが、昔はコストパフォーマンスが高かった・・・と今では思います。 (※現在は天鹅湖酒店(Swan Lake Hotel)が管理人の常宿になっています。)

匯美酒店713-1


EVで上って行くと、シースルーEVですから外が良く見えます。 なかなか良い気分です。

昔が余りにお得だったために、当時を知っている人はなんだか馬鹿馬鹿しくなって泊まりにくいんではないでしょうか?

部屋に入ると、結構広い!これで268RMBか!?と吃驚していると、部屋に中年女性の服務員がやってきて何事か説明してくれてます。

匯美酒店721-1


どうやら、東莞が初めてという管理人にフロントスタッフが気を利かせてくれて、服務員を寄こしてくれたようです。

さっぱり解りませんでしたが、どうやら冷蔵庫の中の飲み物全部と、イカやピーナッツのツマミ類、それに果物が全部無料となんとなく分かってきました。

今ではツマミは有料になり、ビールは消滅しましたが・・・。

なんとお得なんだ・・・早速、コーラを取りだし、ゴクゴク飲み干し、すぐにホテル周辺を見て回ろうと外に出ました。

ホテルの外は目の前がひっきりなしに車が行き交い、クラクションがひっきりなしに聞こえてきます。

マナーも何も有ったもんじゃありません。 今でも変わりませんが、中国人の車の運転は非常に乱暴ですから、注意してください。

何度か轢かれそうになったことがあります。

ホテルを出て、左側に真っ直ぐ歩いていくと、きれいとは言えない恰好の中年のオババが「小姐小姐!」といきなり声を掛けてきます。

初めて常平に来たばかりですから、ビビリっていましたので、オババ達をあしらい周辺を歩いてみますが、特に面白そうな処は在りません。

時間も夕方になってきたので、フロントスタッフに教えてもらった日本料理の「龍馬」に入りました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

マカオ経由で常平へ

・管理人の東莞旅行記
07 /21 2013
金曜日と月曜日に休みを取って、3泊4日の旅程で2006年東莞へ向いました。

最初にマカオに行き始めた頃、航空会社未定の香港行きのチケットは、香港ドラゴン航空で成田16:00発(機内食にハーゲンダッツまで付いてました)でしたから、非常に使い勝手の良いチケットでした。

香港に20:00過ぎに到着すると、上環に22:00位には到着してましたから、時間帯的にも非常に良かったのです。

しかし、2007年頃から航空会社未定香港行チケットは成田18:30発のデルタ航空になってしまったので、これだと楽しみ切れません。 帰りも9:30am(当時)でしたから、マカオのフェリーターミナル4:00am出発に乗らないと、乗り過ごす危険がある不便な航空券になってしまいました。

デルタ航空は当時、機内食は激不味でビール有料、しかも良く遅延してましたから、ドラゴン航空でなくなったのが、非常に恨めしかったです。

しかし、このデルタ航空も悪いことばかりではなくて、遅延するとエコノミーで2,000マイルをお詫びで加算してくれましたし、格安航空券で貯めたマイルをビジネスで使うともの凄く豪華な気分でフライトを楽しめるので、現在でもせっせとデルタ航空のスカイマイルを貯めてます(詳しくは過去ログ参照)。

2006年の初めての常平訪問でも、初日にマカオの仙楽都桑拿で1泊して、またわざわざ上環に戻ってそこから、常平に向かいました。

※当時は、マカオから常平に向かうバスが無かったか管理人が知らなかったか、暫くは一度香港に戻ってそこから、中国本土へ向うルートを使ってました。


仙楽都桑拿を寝不足の状態でチェックアウトし、フェリーの中でうつらうつらしながら上水経由で深圳に入りました。 

8月末でしたから、もの凄く暑くてしかも下品で騒がしい中国人に囲まれながら中国本土へ入ったのでしたから、もの凄く緊張していたのを覚えています。

中国へ入国した途端、いきなり物乞いのようなおっさんに絡まれてホウホウの体で走って逃げたら、目の前がバスターミナルでした。

ちょうど常平行きのバスが出そうな状態だったので、片言の中国語で常平のどこに到着するのか聞いたら、匯美酒店のすぐそばのバスターミナルだということだったので、電車で行くのを中止してこのバスに乗り込みました。

値段は35RMB。

未だにはっきりと覚えています。

バスはきれいな服装とはいえない中国人で一杯で、思わず電車で行こうと考え直したくらいでしたが、まあ何事も経験と思い直し、出発するのを待ちました。

すると、バス会社の小姐が車内をデジタルビデオカメラで一人一人撮影していきます。

日本ではまず無い事なので、嫌だなあ…と思いましたが今更どうしようもできません。

満員で窮屈なバスは撮影終了後、直ぐに発車しました。

………………………………………………………

高速を降りると、あまりきれいとは言えない、下町の小さな工場というか個人商店というかそんなのが沢山目に入ってきます。

旅行の情緒も何もあったもんではないな・・・というのが当時の感想でした。

1時間程で匯美酒店のすぐ目の前のバスターミナル(当時は在った)に到着し、

「これが有名な匯美酒店かあ・・・初めて来たぞ!」

匯美酒店0820-1
外観は当時と全く変わっておりません

と希望に燃えていた(笑)のを良く覚えています。

さあ、楽しむぞ~!と。

今と違って、写真やwebpageなんかもあまり情報がありませんでしたから、やっと着いたんだ!と独り感動しておりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

初めての東莞は、常平でした

・管理人の東莞旅行記
07 /17 2013
常平を訪れるようになったのは、2ちゃんねるがきっかけだったと思います。

当時、常平板の大スターだった、「大」さんという方の書き込みに触発されて、それまでマカオ訪問の経験しかなかった管理人でしたが、思い切って東莞まで足を運ぶことにしました。

季節は8月末。

東莞駅2-1


ちょうど、成田発香港行航空会社未定の航空券で税金・燃油サーチャージ込総額19,800円という今では考えられないくらい、安い航空券が在った時代です(※航空会社未定の激安チケットについては、管理人の別ブログ「海外発券航空券で格安旅行!」をご覧ください)

マカオには、確か2003年頃から行って、数年間はすっかりマカオ三昧でした。

マカオに行く前に、両替手数料無料!の銀行が当時はあって(これも上記ブログに書いてあります)、重慶マンションよりも当然レートが良かった(無料ですから)ので、わざわざ立ち寄って両替して、上環の成功旅行社や東方旅遊でクーポンを買って、マカオに向かっていましたが、これだと3泊4日でも総額12万円くらい掛かってしまいます。

マカオに行きたいけれども、金が続かない・・・こう思っている時に見つけたのが東莞情報でした。

地球の歩き方 広州』を購入し早速ホテル・交通情報を調べました。


当時1万円を両替すると、630RMBと一番最初に購入した『地球の歩き方 広州』には書いてあります。

現在とほぼ変わらない水準になってしまったのに、インフレで中国の物価が何もかもが上がってしまってます。

しかし、もう少しで中国は経済破綻を迎えるでしょうから、その時は1万円が1,000RMBくらいになっていても自然だと思います。

管理人の感覚では、1万円が900RMBくらいになってないとインフレを考えた場合にしっくりきません。

常平で有名な匯美酒店も、果物・冷蔵庫の飲料(ビール・コーラ・7UP)、烏賊・ピーナッツのツマミ類が付いて単人房268RMBでした。

今思うと、現在とは考えられないくらい安い値段です。

ちなみに天鹅湖酒店サウナが450RMB~でした。

有名だった天天サウナも450RMB。

あの時代よ、もう一度!という感じです。

アベノミクスも海外旅行旅行者にとっては大損もいいところです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

東莞旅行記

・管理人の東莞旅行記
07 /14 2013
最近は現地訪問をなかなかできないでいます。

時間の都合がなかなかつかないのです。

一通り写真や情報を載せたので、これ以上どうしようかな?とも感じています。



管理人が東莞へ初めて行ったのは2006年の夏でした。

東莞駅1-1


これから、管理人の東莞旅行記について過去の日記と記憶を元に書いていきたいと思います。

昔と現在がどう違ったのか?

管理人自身も振り返ってみると興味深いです。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

浪琴酒店(Lang Qin Hotel)

長安酒店(Changan Hotel)
07 /06 2013
百客酒店(Baike Hotel)の裏側に建っているというイメージです。

※室内写真は暫くお待ちください。 順次UPします。

20130113浪琴酒店1-1

朝食は付いていないものの、値段の割に部屋は結構きれい。

侮れません。

値段はここ↓場所を確認してください
浪琴酒店(Lang Qin Hotel)
住所:長安鎮蓮峰路1号
電話番号:+86(769)81761888

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

東莞虎門東方錦河大飯店(Oriental Glory Hotel)

虎門酒店(Humen Hotel)
07 /03 2013
富菜酒店から歩いて3-4分の距離にあります。

※室内写真は暫くお待ちください。 順次UPします。

東莞虎門東方錦河大飯店(Oriental Glory Hotel)-1


Wifi無料。

朝食が結構おいしかったです。

値段はここ↓場所を確認してください
東莞虎門東方錦河大飯店(Oriental Glory Hotel)
住所:東莞市虎門鎮虎門大道(樂購超市對面)
電話番号:+86(769)85220888

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村 ランキング向上にご協力を!
「東莞の現地情報」メンバー限定掲示板リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「現地情報」管理者

2006年頃から中国の東莞を訪れる機会があり、現地情報を役立ててもらえればという思いで、このブログを始めました。 リンクフリーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。